スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイントモーニングの黄昏

初めまして。フリフオンラインシーニフサーバーで活動中の神戸散歩ともうします。
オンラインRPG『フリフオンライン』の2次創作小説を掲載させていただきます!!

フリフ絵師さんたちが主催するサイト「PictFlyff」で2本ほどショートショートを書かせていただいたので、調子にのって長編に挑戦してみることにしました^^v
主人公は、PictFlyffで発表された「スコール」というキャラクターをお借りしています。また、ゲーム内に実装されているとあるクエストをモチーフにしていますが、フリフを知らない方でも楽しんでいただけるように心がけておりますので、つたない文章ですが読んで頂ければ幸いです。
それでは、よろしくお付き合いくださいましヽ(≧▽≦)ノ


~プロローグ~

天空に浮かぶ美しい世界 『マドリガル』

もともと一つだった大陸は、ある時、大きな破壊を伴って12の島に分裂した。

その後、世界は少しづつおかしくなっていっている。

美しい自然は失われ、世界にいたるところに異形の怪物が出没するようになった。

学者達は言う。『世界に終わりが近づいている』と。

でも、僕らには関係ない!この世界にはまだまだ希望が満ちている!

さあ行こう!武器と勇気とホウキをもって!!
表紙
(表紙 Ambiente様)

第2章
その1へ(10.5.20更新)  ・その2へ(10.6.20更新)

第1章
その1へ(08.12.1更新)  ・その2へ(09.2.09更新)
その3へ(09.2.15更新)  ・その4へ(09.2.22更新)
その5へ(09.3.01更新)  ・その6へ(09.3.08更新)
その7へ(09.3.15更新)  ・その8へ(09.3.20更新)
その9へ(09.3.22更新)  ・その10へ(09.6.30更新)
その11へ(09.7.4更新)  ・その12へ(09.7.8更新)
その13へ(09.7.16更新) ・その14へ(09.7.20更新)
その15へ(09.7.24更新) ・その16へ(09.7.31更新)
その17へ(09.8.7更新)  ・その18へ(09.8.10更新)
その19へ(09.8.18更新) 

さらに!!
ゲーム内での恩人でもある臼照屋さんがテーマソングを作ってくださいました!!感謝><b
本当はもっと迫力のある音だったんですが、σ(゜-゜)がいらんことをしたせいで。。。
でも、とっても素敵な曲なので是非一度聴いてみてください!

>>>テーマソングはこちら(曲提供:Wisteria様)


このような企画を容認して下さいました主催の銀菜様、キャラを使わせて下さったばかりか表紙まで描いてくださいましたAmbiente様、曲を提供してくださいました臼照屋様、下読みに協力してくれたやつはし様、その他ご協力くださいました皆様に改めてお礼申し上げます。
スポンサーサイト

有言実行。公約つきランキング

恒例のランキングです。がんばりましょう^^b

banner0823

第2章 その2

今、スコールの心臓はものすごい速さと力強さで脈打っていた。無理もない。さっきまで夢の中で思い描いていた、遠くから見るだけでついぞ声をかけなかったあの人が、突然目の前にあらわれたのだから。肌も髪も夕日に染まっていない分、少し印象は違うが、間違いなくあの人だった。

続きを読む

第2章 その1 

スコールは夢を見ていた。にぎやかなセイントモーニングシティの片隅でぼんやりと夕日を眺めるその人の夢を・・・。

続きを読む

その19

 スコールたちは、湿気で濡れた石畳の上を足早に進む。明かりが灯されているとはいえ、地下の通路はやはり薄暗い。わずかばかり進んだところで、唐突に目の前が開けた。何本もの太い柱に支えられた巨大な空間は、壁も天井も確認できないほどに広く、幾つも並んだ大きな貯水槽には、水が勢いよく流れ込んでいた。
「シティホールの浄水施設か・・・」
スコールが感慨なげにつぶやいた。

続きを読む

  
   当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、エキサイト株式会社ならびに各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (c) 1997-2009 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright AEONSOFT,Inc All Rights Reserved..
イラスト:松原秀典

copyright © セイントモーニングの黄昏 all rights reserved.
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。